good creams

シミをつくらないコツ

シミができるサイクル

クリーム

シミは、メラニン色素が過剰に分泌されて、うまく排出されずに出来てしまいます。
メラニン色素はメラノサイトという細胞が、肌のバリア機能として作り出すものです。シミの原因となる主な原因として紫外線が挙げられますが、紫外線から刺激を受けた結果、メラノサイトがメラニン色素を作り出し、エニシングホワイトなどの美白化粧品が必要になります。

ポイントはターンオーバー

メラニン色素が作られた段階では、まだシミにはなりません。肌表面からは見えず、肌の奥に色素としてある段階です。この状態はシミ予備軍と呼ばれます。
ここからのケアで、肌表面にシミとして現れるかどうかが変わってきます。
シミとして表面に現れるのは、うまく排出されなかったメラニン色素です。つまり、メラニン色素がきちんと排出されるように、手助けしてあげると良いのです。
これには、お肌のターンオーバーがうまく機能している必要があります。
色素沈着を防ぐ美白化粧品を用いると共に、ターンオーバーが乱れるきっかけとなるストレスを溜めない生活も心がけましょう。

出来てしまったシミはエニシングホワイト

肌表面に出来てしまったシミは、綺麗に消し去ることは難しいです。
そのためシミが出来るまでにしっかり対策しておく必要があります。
しかし、出来てしまったシミも消し去るまではいかなくても、ある程度薄く目立たなくすることは可能です。
エニシングホワイトのような美白化粧品の成分が含まれている商品であれば、肌内部のシミにも有効に効きます。
さらに、エニシングホワイトは肌にメラニン色素を作らないように働きかけてくれるので、肌トラブル予防にも大きな効果が期待できます。